TOP ごあいさつ 在宅医療とは 在宅Q&A 活動報告 資源リスト 桜ケ丘病院
ごあいさつ

 団塊の世代が75歳の後期高齢者を迎える2025年には社会保障費の増加、医療介護資源の不足などが顕在化すると言われています。そのため国や県では、高齢者が医療や介護が必要な状態となってもできる限り住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、在宅医療や医療と介護の連携をこれからの医療と介護のメインテーマと位置づけ、様々な環境づくりをすすめています。

 当院では約78年間、有田の地において地域に根ざした医療を目指してきました。医療型療養病棟と一般病棟からなる入院部門では、近隣の医療機関や介護福祉関連施設との連携強化を推進しています。内科や腎臓内科、各専門領域からなる外来部門では、地域のかかりつけ医として患者様、ご家族様が住み慣れた場所で安心して暮らしていけるよう、様々な職種の方と力を合わせて支援しています。医療や介護についてお困りのことなどございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

 今後も職員一同、当院の理念である「信頼される医療」「安心・安全の医療」「慈愛あふれる医療」を提供できるよう努めてまいります。

医療法人 千徳会 桜ヶ丘病院 在宅医療サポートセンター