TOP ごあいさつ 在宅医療とは 在宅Q&A 活動報告 資源リスト 桜ケ丘病院
在宅医療とは

在宅医療とは
 「在宅医療」とは、お体の機能が低下し、通院が困難な方の自宅に医師が訪問して行う医療です。つまり、寝たきりの高齢者や、回復が難しい障害者の方など通院が困難な方のためのものです。
 通院は難しいけれど自宅で継続して医療を受けたいと思うとき、在宅医療でそれを実現できます。また、がんなどで治癒が困難でお体を患っている場合、多くの方は住み慣れた家に帰りたいと希望するとします。
そのときも、「在宅医療」を利用することで自宅での治療継続ができます 。

在宅医療の長所
 在宅で療養する最大の長所は、「住み慣れた環境で生活ができる」ということにあります。
 病院は積極的に治療をする場所であり、他の入院患者さんとの共同生活として、さまざまな制限があります。施設に入所する場合も、知らない場所、知らない人たちに囲まれた生活となります。つまり、これまでの暮らしとは違う生活を強いられることになります。
 それに対して、在宅ではこれまでと同じ暮らしが出来ます。 家族やペットがいる生活はこれまでどおりです。布団もテレビもトイレも同じものです。室内の様子や窓から見えるみかん山の彩り、景色、聞こえてくる音、潮の香り、などもこれまでと同じです。また、家庭や地域の中での役割も、これまで同様に果たすことができます。父親・母親、あるいは夫として妻としての役割もこれまでとかわりません。  在宅医療では、住み慣れた環境で安心して寝起きできますし、寝るのも起きるのも、何を食べるのも自由です。病院では眠れなかった方も自宅に帰ると睡眠がしっかりとれるようになります。食欲不振だった方も好きな物を好きな時間に食べることが出来ます。

在宅医療の短所
 医師、看護師、ヘルパーなど、多くの職種の人が入れ替わり自宅を訪問することになります。  しかし急変した時が心配という方もおられるでしょう。病院であればナースコールを押せばものの数分で看護師が駆けつけてくれます。でも在宅ではそれは不可能なことですのでそれなりの準備と意識も必要です。(かかりつけ医や訪問看護師などへの電話連絡は24時間可能なことが多いので、その点はご安心ください。)
 積極的な検査・治療を最期まで受け続けたい(MRIや造影剤を使うような特殊な検査、抗がん剤の点滴や放射線治療など)とお考えになる場合には、在宅では対応や治療の継続が困難な場合もあります。在宅で可能な検査や治療は、病院とは異なり、どうしても制限されたものとなります。
 病院と在宅の違い  病院  在宅
 住空間  病室(大部屋?) 自分の家 
 医療スタッフが居るところ  ナースステーション  訪問看護ステーション
 コールしてから来るまで  5分  30分程度
 スタッフが来る方法  廊下を歩いて  車で
 酸素が必要な場合  酸素をつなぐ  業者へ電話して持ってきてもらう
 タバコ・お酒等の嗜好品  禁止  自由
 食事  制限あり  自由
 診察  いつでも可能  訪問診療、往診時