TOP 外来案内  入院案内  健診案内 当院の紹介
多職種との連携に力をいれ、地域医療への貢献を目指します

理事長 挨拶  
        成川守彦

                  

超高齢・少子・人口減少社会を迎える日本、特に人口減少が著しい地方において、これからの地域創生は、医療・介護が中心となることが期待されています。
この度、ご縁を頂き、箕島駅近くに桜ヶ丘病院を新築移転することになりました。これまでの丘陵地とは異なり、四季の移り変わりを実感することは少なくなりますが、玄関にはシンボルである「桜の木」を植えています。新病院は市街地ですので、通院される患者さんには便利になることと存じます。昭和57年桜ヶ丘病院開設以来、私の方針である「患者様本位」の医療を目指し、QC活動、看護・介護研究発表会、提案月間等の活動を通じて、日々医療人としての資質の向上に取り組んでいますが、更に在宅医療に邁進するべく努力いたします。
 又、医学・医療の進歩と共に、コンピューターの活用が著しく増えましたが、あくまでもコンピューターは手段であります。医療における対象は「ヒューマン(人間)」でありますから、「Face to Face」「Heart to Heart」が大切であります。信頼される医療、安心安全の医療、慈愛溢れる医療を理念とし、医学・医療、看護・介護の研修に励みたいと存じます。地域医療を担う我々医療人は、医療を通じて地域の皆様の「生活の質」を良くすること、「地域を活性化すること」を目標に、努力し研鑽する事を誓います。

病院長 挨拶       成川暢彦

                    

当院は、昭和12年に成川千代子が産婦人科を開業、昭和50年に成川守彦が産婦人科を
新築移転、さらに昭和57年に桜ケ丘病院を開設しました。和歌山県の民間病院では、一番古い歴史があります。近年の入院体制は、医療療養病棟と特殊疾患病棟を有し、外来では、一般内科(消化器・呼吸器)・糖尿病内科・神経内科・人工透析治療を中心とした医療を提供させていただいています。

 今後は、在宅診療から入院診療まで幅広い診療の場を広げ、信頼される医療、安心・安全の医療、慈愛あふれる医療を理念とした病院づくりに一層励んでいきたいと思います。
 今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


 ご挨拶 
 病院沿革概要 
 理念・基本方針
 部署紹介
 患者さんの権利・責務
 プライバシーポリシー
 採用情報
 広報誌「さくら通信」
 関連施設
  フロア案内図
 アクセス
 お問合わせ